mineoの特徴やメリットを余すことなく解説!初心者におすすめな格安simです

たろう
こんにちは!「マイネオ博士」のサイトへようこそ!

mineo博士
このサイトではmineo(マイネオ)の魅力や、毎月の基本料金、そしてmineoへの乗り換え方法など、mineoに関する内容を誰にでもわかりやすく、詳しく解説しておるぞい

 

数多くある格安sim、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

それぞれ一長一短がありますが、自分は“mineo”をオススメします。初心者にも使いやすく、サービスも明確、料金も手頃と一番バランスの取れた格安simだと思っているからです。

とはいえ、いきなりmineoがオススメです!なんて言われても困惑しちゃいますよね。

そこでこのページでmineoに関する基本的なことをザクッとですが解説していきます。

それぞれの内容について詳しく解説しているページへのリンクも途中で貼っているので、気になったらそちらも見てみてくださいね。

 

mineoってなんだ?

 

mineoは格安simの一つです。格安simの特徴といえば“とにかく安い”こと!

3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)だと月額8,000円程度かかってしまいますが、格安simであれば“2,000円前後”に抑えることも十分可能です。

mineoももちろん例外ではなく、自分は半年前に乗り換えましたが新機種も一緒に買ったにも関わらず、2,540円で運用できています。

 

格安simってなんだか不安、そんなイメージを持つ人はぜひ以下のページを見てみてください。

どうして格安simがこんなに安い価格設定にできるのか、そしてサービス内容には何も問題がないことがわかるはずですよ。

格安simとは?詳しくない人でもすぐにわかるように簡単・徹底解説しました!

 

mineoは誰でも使える?

 

もちろん誰だって使えます。ただ、乗り換えの際の手間はキャリアによってある程度変わってきます。

mineoは、docomoとauの通信回線をレンタルして運営されているため、この2つからの乗り換えならばとってもカンタンにできちゃいます。

格安simへの乗り換えってめんどくさそうなイメージがありますが、意外にも以下の“4ステップだけ”でできるんですよ。

1 今使っているスマホがmineoでも使えるか確認する

2 契約中のキャリアに電話して、MNP予約番号を取得する

3 mineoに申し込みする(手続きは全てネットからできます)

4 SIMカードが届いたら、初期設定を行う

聞いたことがない用語もあって、やっぱめんどくさいんじゃ・・・と感じるかもしれませんが、なんてことはありません。

以下のページで解説している通りに準備すれば、用語なんて大して知らなくても必ず乗り換えできます。

docomo、auからの乗り換え(MNP)なら、“準備から申し込みまで1時間もあれば十分”なので、気負わず、ちょっと時間のあるときにでも気楽にやってみてくださいね。

【MNP】docomoからmineo(マイネオ)へ乗り換えるための全手順を解説しました!

【MNP】auからmineo(マイネオ)へ乗り換えよう!方法・手順を詳しく解説しました!

 

ソフトバンクからの乗り換えは、これに一手間増えることになります。

具体的に言うと、今使っているスマホの「SIMフリー化」が必要になるんですね。

とはいえ、できないわけではありませんし、SIMフリー化も30分程度あればできちゃうので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ソフトバンクからの乗り換え方法については、以下のページで詳しく解説しています。

ソフトバンクからmineo(マイネオ)の乗り換え方法は?MNP手順を解説

 

mineoに乗り換えるといくら安くなる?

たろう
格安simは安い安いって言うけどさ、ホントに安くなるの?

mineo博士
2,000円以上はほぼ確実に安くなる。6,000円以上安くなることも珍しくないぞい

 

mineoに乗り換えると、本当に安くなるの?と、疑心暗鬼な人もいるでしょう。

安心してください、現在、毎月6,000円以上スマホ料金がかかっている人ならほぼ100%安くなります。

参考として、こちらにmineoの料金表を載せました。

 

mineo料金表(Dプラン)

 

 

これはあくまで基本料金で、今使っているスマホの分割払いが残っているなら、その料金が加算されます。

ですが、支払う金額としてはそれだけです。

たとえば、mineoの標準プランである「3GBでデュアルタイプ(音声通話あり)」で契約したとしましょう。

このプランの月額基本料金は1,600円、そしてスマホの分割払いが月々2,500円だとすると、合わせて4,100円ということになります。

 

希望すれば有料オプションもつけることができますが、正直言ってmineoの有料オプションに魅力的なものはないので、必要ないでしょう。

今、スマホ料金として月額8,000円払っているなら、mineoに乗り換えればそれだけで4,000円近く安くなるんですね。

関連記事:mineoに乗り換えるといくら安くなる?細かく料金シミュレーションしてみたよ

 

分割払いが終わっていればさらに安くなる

 

勘のいい人はもう気づいているかもしれませんが、今持っているスマホの分割払いが終わっていれば、月額料金はさらに安くなります。

上の例で言えば、なんと“月々1,600円でスマホが持てる”んですね。

 

分割払いが終わっているかどうかの目安は、“そのスマホを購入してから2年が経過しているか”です。

大手キャリアの分割払いは24回払いが基本なので、この計算になるわけです。

 

ちなみに、乗り換えを機に新しいスマホを買いたい!という人は、ぜひmineoの格安スマホをチェックしてみましょう。

2万円から3万円で十分な性能のスマホ(ぶっちゃけ6万円代のものとそう変わらない)を手に入れることができますよ。

 

mineoが他の格安simよりオススメな理由

おすすめする女性

たろう
格安simってmineo以外にもあるでしょ?なのに、どうしてmineoが一番おすすめなの?

mineo博士
理由をいくつか挙げると、サービス内容が明確、サポートが充実しているなどじゃ。格安sim初心者でも使いやすいサービスが好評を得ているんじゃよ

 

格安sim業者は2010年代に入ってから増え続け、現在では星の数ほど、ではありませんが、数え切れないくらいの業者が展開しています。

その数ある格安sim業者の中で、どうして自分がmineoをおすすめするのか、その理由について解説していきますね。

 

サービス内容がわかりやすい

mineo博士
mineoはシンプルさが強みであり、一番の魅力だと思うぞい

 

mineoのメリットの一つに、サービス内容が明確でわかりやすい、というものがあります。

他の有名な格安sim業者として「UQモバイル」がありますが、料金プランが複雑だったり、途中から月額料金が上がったりします。

なので、知らない間にプランや料金が変わっていた、なんてことが起こり得るのですね。

また、1年、もしくは2年の最低利用期間があるため、気軽に解約することもできません。

 

対して、mineoはプランがこれでもか!というくらい明確です。

料金プランを見てもわかる通り、自分で決めることは「毎月何GBまで使えるか」、たったこれだけで、途中で勝手に料金が変わることもありません。

このシンプルさが格安sim初心者にはありがたいんですよね。

 

また、mineoにも1年目の解約には違約金がかかる、通称「1年縛り」こそありますが、条件によっては1年目でも違約金を発生させずに解約できます。

なので、乗り換えてみたけど自分には合わなかったという場合は、すぐに切り替えて他のキャリアと契約できるのです。

これもmineoも大きな魅力だと言えるでしょう。

関連記事:mineoに2年縛りはあるの?解約金・違約金はかかる?金額も合わせて解説!

 

サポートが充実している

mineo博士
マイネ王があるから、サポート面で困ることはそうないはずじゃ

 

格安simに乗り換えたくない、という人に対してアンケートを取ってみたところ、乗り換えない理由の1位は“サポートが不安だから”というものでした。

確かに、この安さはサポートが薄いから実現できているのではないか、と思うのは自然なことだと思います。

でも、mineoは格安simの中でもサポートが充実しているほうで、少なくとも自分はその点で困ったことはありません。

 

mineoには「マイネ王」と呼ばれる活発なユーザーコミュニティがあり、日々多くのQ&Aが更新されています。

「Yahoo!知恵袋」と同じようなものだと言えばイメージしやすいでしょうか。

過去のQ&Aも見ることができ、自分が気になることは誰かしらが過去に質問しています。

ベテランユーザーが丁寧に答えてくれているので、初心者でも理解できるのが嬉しいポイントです。

もちろん無料で利用できるので、mineoで困ったことがあったときにはマイネ王を見れば、ほとんどの問題は解決できるはずですよ。

関連記事:mineo(マイネオ)のサポートはマイネ王にお任せ!不安なくmineoに乗り換えましょう

 

パケット補充に関するサービスがいくつもある

mineo博士
無料、もしくは格安でパケットが補充できるので、通信制限とはもうオサラバじゃな!

 

一昔前は「パケ・ホーダイ」なんていう便利なプランがありましたが、現在は使用できるパケットに制限があるのが普通です。

パケットがなくなると晴れて?通信制限になるわけですが、これが厄介なんですよね。

mineoでも1ヶ月間に利用できるパケット量はプランで決まっています。

 

ただ、mineoはパケットを補充できるサービスがとても充実していて、しかも多くは“無料、または格安で利用できる”ため、もう通信制限に悩むことはなくなるでしょう。

具体的なサービスとしては、

・フリータンク(毎月1GBまで無料で引き出せる)

・パケットシェア(家族や友人間で余ったパケットをシェア)

・パケットギフト(ユーザー間でパケットを売買。相場は1GB200円程度)

などです。

毎月のように通信制限にかかってしまう人は、mineoがとくにオススメですよ。

関連記事:mineoのパケットシェアの賢い使い方はこうだ!登録方法や注意点と一緒に解説

 

mineoのデメリット

標識

たろう
mineoって良いことばっかりじゃん!これはもうmineoにするしかないんじゃない?

mineo博士
まてまて、確かにmineoにはメリットが多いが、少なからずデメリットもあるんじゃ。それもしっかり把握しておこうな

 

ここまでmineoのメリットばかり挙げてきましたが、やはりデメリットもいくつかあります。

それを知らずに契約してしまうと、思わぬ失敗に繋がりかねないので、しっかり目を通しておきましょう。

 

格安simの中で、mineoが最安値というわけではない

 

格安simに求めるもの、それはやはり「安さ」です。

それだけが判断基準ではないでしょうが、大きな要素になっていることは間違いないでしょう。

 

その点で言うと、mineoはベストの選択ではありません。

というのも、“さらに安い格安simはいくつか存在する”からです。

料金だけで評価すると、mineoは中の中といったところでしょう。

そのぶん、ユーザーフレンドリーなサービスが多いのがmineoの強みです。

 

通話料金が高い

 

3大キャリアでは、基本プランにかけ放題に近いサービスが入っていますが、mineoにはそれがありません。

そのため、mineoでは通話した時間分だけしっかり通話料金がかかってしまいます。

かけ放題のようなオプションもありますが、他の格安simと比べるとやや割高です。

ただ、ちょっとした工夫でこの弱点は補えるので、そこまで気にするポイントではないと思います。

関連記事:mineoの通話料金は高い!でも通話アプリを使えば半額以下にできますよ!

 

通信速度は格安simの中では並み

mineo博士
最速ではないが、最遅でもない、といったところじゃな

 

通信速度はスマホを快適に使うための重要な要素です。

常に通信制限並みの速度しか出ないスマホなんて使っていられませんよね。

 

格安simは全体的に3大キャリアよりも通信速度が遅い傾向があります。

これは、格安simが3大キャリアの回線をレンタルして運営している以上、仕方のないことなのです。

mineoの通信速度はというと、こちらも中の中といったところでしょうか。

 

とはいえ、ネットが混雑する時間帯以外(正午、19時、22時)は3大キャリアと変わらないくらい快適に使えます。

混雑する時間帯でも全く使えないわけではなく、少し遅いかな?と感じる程度です。

なのでこの点についても、そこまで過度に心配する必要はないですよ。

 

スマホ料金が気になるならぜひmineoに乗り換えてみては?

たろう
あらためて考えてみると、月額8,000円って高すぎるよね・・・

mineo博士
mineoに乗り換えれば半額以下になることも多いからな。年間で考えると4万円近く浮くことになるんでは?

 

自分もmineoに乗り換えるまでは当たり前の感覚で毎月8,000円、docomoに払っていましたが、今考えるとやっぱり高すぎると感じます。

乗り換え時にサポート面での不安がなかったというと嘘になりますが、mineoなら「マイネ王」がありますし、毎月の料金を考えるとやっぱりmineoのほうがお得だと思いました。

それに思い返してみると、そもそもサポートが必要になったことなんてないんですよね。

そういう人、多いんじゃないでしょうか?

 

自分はmineoに乗り換えて月額料金が5,000円以上安くなったので、年間で考えると“6万円浮いた”ことになります。

6万円って家賃一ヶ月分ですからね、馬鹿にできないですよ。

毎月のスマホ料金、高いなぁって思っている人は、ぜひmineoへの乗り換えを検討してみてくださいね。

mineoの月額料金のチェックや申し込みはこちらからどうぞ:mineo公式サイトへ